■空家の中古物件化と、WEBでの空家情報発信

0
    主 旨

    ・2010(平成22)〜2011(平成23)年度、米子市委託の「まちなかすまいるデータバンク」事業として実施し、2012(平成24)年度以降も「よなご・かえる通信WEB」にて空家情報発信を継続しています。

    ・その目的は、中心市街地内の戸建および長屋の空家のうち利用可能なものを、所有者の了解を得て中古住宅として「よなご・かえる通信WEB」にて「まちなか空家情報」として情報発信し、(合わせて民間不動産会社の仲介物件についてもご協力を得て情報発信し)中心市街地の居住人口増に結びつけることです。

    ▼「よなご・かえる通信WEB」で公開されている「まちなか空家情報」






    事業実績と事例紹介

    (1)空家実態調査結果を踏まえたもの

    ・「所有者の同意が得られたWEB掲載可能物件」としてあげられていた4件です。
     
    (2)市報での広報による募集によるもの

    ・3件の掲載依頼があり、同様に掲載しました。

    (3)合わせて民間不動産会社の仲介物件についても協力をいただき、
      「よなごかえる通信WEB」にて「まちなか空家情報」として情報発信

    ・戸建賃貸、戸建売買、マンション売買、アパート賃貸の各物件をそれぞれ延べ48件掲載しました。

    ▼一戸建て賃貸物件(米子市中町)の事例


    不動産業者マイホームさんから情報提供を頂いた一戸建て物件です。
    好立地とリフォームされた間取りが入居者ニーズとマッチし、すぐに入居されました。


    (4)空家所有者意向調査結果を踏まえた空家活用の取り組み

    ・「掲載したい・条件次第で掲載してもよい」と回答のあった10件の空家について、所有者に連絡・交渉の結果、4件の空家を「よなごかえる通信WEB」にて「まちなか空家情報」として情報発信しました。

    <所有者に活用意向なく活用をまかされたケース>

    ▼一戸建て賃貸物件(米子市日野町)の事例


    所有者は県外にお住まいで、今後の使用予定はなく売家でのWEB掲載を希望されたが、借家として入居を希望される方を紹介したところ、賃貸物件として活用をまかされたものです。

    ▼一戸建て物件(米子市岩倉町)の事例

    所有者は建物撤去を希望されましたが、しっかりとした造りで構造体にも損傷がないため、活用を勧めた結果、了解頂いたものです。

    <低家賃でWEB掲載出来たケース>
    ▼一戸建て賃貸物件(米子市角盤町)の事例
    【7DK】:家賃30,000円


    ▼一戸建て賃貸物件(米子市博労町)の事例
    【7DK】:家賃30,000円


    ▼長屋建て賃貸物件(米子市加茂町)の事例
    【3K】:家賃30,000円


    <建物の中に入ったら雨漏り等があり利用が困難と判明したケース>

    ▼一戸建て物件(米子市糀町)の事例

    外観の目視では良好物件ですが、玄関と2階天井部分が雨漏りしていたため、物件化が困難となったものです。

    所有者は県外在住で、今後の使用予定もないため解体する方向性が強いが、解体費(約300万)の出費は困難なため、今後この状態で放置となればますます物件の損傷が激しくなり、倒壊の恐れもある事例です。このようなケースは他にも多くみられます。




    | 1/1PAGES |

    calendar
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    メニュー

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM